ここ数年、空き巣の被害が増えてきているんです。
そこで、色々な対策をしておく必要がありますよね。
まずは、空き巣は来やすい状況というものを知るというのが大事になってきます。
簡単にですが、紹介しておきますね。

スポンサードリンク

空き巣への防犯対策

空き巣が狙いやすいといわれているのが、住宅街。
アパートや、新興住宅地の戸建てなどです。
お金持ちであろう、家。
侵入しやすいつくりになっている家。
これは、死角になっているかなどによります。
そして、見つかった際に逃げ道をしっかりと確保できそうな家です。

まずは下調べを行う。
空き巣が行っていると、よく言われることですね。
確かに、そういった空き巣が多いそうです。
電話をかけてくる空き巣もいるそうです。
電話をかけることで、留守かどうか、見破るんですね。
電話に出ないと留守ということになり、侵入するということになるのです。

侵入する方法も色々とあるんです。
窓など、鍵をかけていないところがあれば、そこから入ってくる。
ポストや、植木鉢などに鍵を隠している人もいますよね。
そういった場合は、鍵を見つけて侵入する。
窓ガラスを割って、窓を開けて侵入する。
こういった方法があります。

空き巣の心理としては、この侵入の時間は短時間で済ませたいのです。

簡単に窓ガラスを割って、10秒ほどで侵入できる。
鍵がかかってない場合は、もっと簡単に侵入できますよね。
隠してある鍵を見つけるのには、それなりに時間がかかるかもしれません。
しかし、これらは窓ガラスを割るのと違って侵入した痕が残りません。

ここで気をつけたいのは、短時間でも家を離れる場合です。
例えば、ゴミだしなど、ほんの少しの時間家を出る場合。
こういった場合も、面倒がらずに鍵をかける癖をつけましょう。

そして、ピッキングにあわないようにすること。
これには、まずシリンダーを変えるというのがいいでしょう。
他にも、大事な対策としてあ、サムターン回しされないようにすること。
鍵が1つだけなら、複数個つけることもいいですよ。
例えば、鍵が2つかかっている場合。
その鍵をあけるために必要な悲観は5分ほどはかかるでしょう。
先ほどもかきましたが、空き巣は侵入に時間がかかるのを嫌がります。
5分かかれば、引き返す空き巣が多いのです。
ですから、鍵を増やすことは、大きな効果があると思います。

侵入されやすい窓にも対策が必要ですね。
そとから鍵をあけるのに、窓ガラスに穴を開けます。
そして、その穴から器具や手を入れて、鍵を開けるのです。
ですから、ガラスを防犯ガラスに変えるのも、一つの手ですね。
他には、防犯フィルムを貼るのもいいでしょう。
もちろん、鍵をかけ忘れることのないように、注意しましょう。

毎日しっかりと気をつけることが大事です。
地域での連絡を取り合うことも大切です。
空き巣にあわないように、しっかりと防犯意識をもつことが大事なんですよ。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

空き巣の防犯対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://akisu.22cv.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。